松村栄子

1961年静岡県生まれ。筑波大学比較文化学類卒業。90年『僕はかぐや姫』で海燕新人文学賞を、92年『至高聖所(アバトーン)』で芥川賞を受賞。著書『生誕』(朝日新聞社)、『ひよっこ茶人の玉手箱―インターネットでお茶を愉しむ』(マガジンハウス)、『紫の砂漠』(ハルキ文庫)、『詩人の夢』(ハルキ文庫)、『雨にもまけず粗茶一服』(マガジンハウス)ほか。