芦原すなお(あしはら・すなお)
1949年香川県生まれ。早稲田大学文学部卒業。86年『スサノオ自伝』でデビュー。『青春デンデケデケデケ』(河出文庫)で文藝賞と直木賞を受賞。60年代後半の香川・観音寺市でロックに目覚めた少年たちの姿を描いた同作は、92年に映画化(監督:大林宣彦)されたほか、先頃、コミックス『青春デンデケデケデケ 01』(漫画:サダカネアイコ/ポプラ社)が刊行された。著書『わが身世にふる、じじわかし』(創元推理文庫)、『カワセミの森で』(理論社)、『海辺の博覧会』(ポプラ社)、『ユングフラウ』(東京創元社)ほか。共著に『ピュアフル・アンソロジー 告白。』(ピュアフル文庫)がある。

草野たき(くさの・たき)
1970年神奈川県生まれ。実践女子短期大学卒業。99年『透きとおった糸をのばして』で第40回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。同作で第30回児童文芸新人賞を受賞。2007年には『ハーフ』(ピュアフル文庫/ポプラ社)で第47回日本児童文学者協会賞を受賞。著書に『猫の名前』『ハチミツドロップス』『メジルシ』(以上講談社)、『ハッピーノート』(福音館書店)、『教室の祭り』(岩崎書店)、『リボン』(ポプラ社)などがある。

香坂直(こうさか・なお)
1964年岡山県生まれ。大阪教育大学(肢体不自由児教育教員養成課程)卒業。第45回講談社児童文学新人賞佳作に入賞した『走れ、セナ!』(講談社)で、2005年にデビュー。06年、同作品で第16回椋鳩十児童文学賞を受賞。07年『トモ、ぼくは元気です』(講談社)で、第36回児童文芸新人賞を受賞。京都市在住。

沢村鐵(さわむら・てつ)
1970年岩手県生まれ。2000年、『雨の鎮魂歌(ルビ:レクイエム)』(幻冬舎)を発表しデビュー。2008年、『運命の女に気をつけろ 劇団・北多摩モリブデッツ、怒濤の36日間』(ジャイブ)を上梓。共著に『ピュアフル・アンソロジー Kiss.』(ピュアフル文庫)がある。
ウェブサイト


藤堂絆(とうどう・きずな)
1984年宮城県生まれ。東北大学法学部卒業。2006年、第1回Yahoo! JAPAN文学賞に応募した短編「アシタ」が、オンラインの一般投票で選ばれるYahoo! JAPAN賞を、圧倒的な得票数で受賞。著書にデビュー作となる短編集『アシタ』が、共著に『ピュアフル・アンソロジー 卒業。』(ともにピュアフル文庫)がある。

前川麻子(まえかわ・あさこ)
1967年東京都生まれ。舞台・映画女優を経て『鞄屋の娘』で、第6回小説新潮長篇新人賞を受賞し、作家デビュー。主な著書に『ネイバーズ・ホーム・サービス』『ファミリーレストラン』(ともに集英社)、『劇情コモンセンス』(文藝春秋)、『すべての愛の1%』(徳間書店)、『いつか愛になるなら』(角川書店)、『夏のしっぽ』(講談社)、『ブルーハーツ』(ジャイブ)、『晩夏の蝉』『パレット』(ともに光文社文庫)、『すきもの』(講談社文庫)、『海へ向かう』(ピュアフル文庫)がある。