大島真寿美(おおしま・ますみ)

1962年愛知県生まれ。92年「春の手品師」で第74回文學界新人賞を受賞。『宙の家』で単行本デビュー。『やがて目覚めない朝が来る』(ポプラ社)、『ふじこさん』(講談社)、『ぼくらのバス』(ピュアフル文庫/偕成社)、『ほどけるとける』(角川書店)、『虹色天気雨』(小学館)、『香港の甘い豆腐』(理論社)など著書多数。透明感のある文章で、日常の何気ない瞬間を瑞々しく描き、多くの読者から支持を得ている。